【鶏群の一鶴】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
鶏群の一鶴

【読み方】
けいぐんのいっかく

【意味】
凡人な人間が大勢いる中で、ひときわすぐれたひとが混じっているというたとえ。
多くの平凡なひとたちの中で、際立ってすぐれたひとのことをいう。

【語源・由来】
「晋書(しんじょ:中国晋王朝について書かれた歴史書)・稽紹(けいしょう)伝」より。

いかに多くの鳥がいても、鶴一羽の価値には及ばないと考えられていたことから、
「きのう人混みの中で初めて稽紹を見たが、スマートで、まるで野生の鶴が鶏の群れの中にいるようであった。」と、晋の稽紹の人柄を形容して使われたことばに基ずく。

【類義語】
・鶴の鶏群に立つが如し
・掃きだめに鶴

【対義語】
・どんぐりの背くらべ
・烏合の衆

【英語訳】
・It is a jewel in a dunghill.
・A swan among ducklings.

「鶏群の一鶴」の使い方

健太
ともこちゃん、今日はピアノの演奏会に招待してくれてありがとう。
ともこ
健太くん、退屈して途中で帰ってしまったんじゃないかと思ってたのよ・・・。
健太
そんなことないよ。
ともこちゃんはピアノが上手なんだね、今日の演奏会ではまるで鶏群の一鶴だったよ。
ともこ
大げさね!
でも、健太くんが最後までちゃんと聴いていてくれたなんて、とっても嬉しいわ。

「鶏群の一鶴」の例文

  1. 今度の舞台の主役には、彼女を選んで間違いないだろうと思う。
    さっきのオーディションでも、彼女は鶏群の一鶴だったからね。
  2. 彼はこのチームにあって、鶏群の一鶴と言われているんだ。この大会でもっと勝ち進んでいくためには、ぼくたちが彼の足を引っ張るようなことをしていては駄目なんだ。
  3. いまこの会社が機能している本当の理由は、鶏群の一鶴である彼がいることに尽きるのです。
    けっきょくのところ、彼のほかには誰がいたって同じことです。
  4. 向こうから歩いてくるのが、きのう君が話していた尊敬する先輩なんだね?
    鶏群の一鶴だから、遠くから見てもすぐに分かったよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事