【名乗りを上げる】の意味と使い方の例文(語源由来)

【ことわざ】
名乗りを上げる

【読み方】
なのりをあげる

【意味】
①その存在を世間に公表する。
②競争に参加したり進んで立候補することを表明したりする。

【語源・由来】
武士が戦場で敵に自分の家系や名前を大声で告げることから。


「名乗りを上げる」の使い方

健太
オリンピックの候補地に名乗りを上げて、ようやく日本が選ばれたね。
ともこ
そうね。世界レベルの選手たちの雄姿が、間近で見られるなんて幸せな事よね。
健太
でも、きっと、観戦チケットは争奪戦で、取ることができないと思うよ。
ともこ
そうなったら、あの手この手を使ってでも見に行くわ。うふふ。

「名乗りを上げる」の例文

  1. 二人の大物が総裁候補に名乗りを上げ、お互い譲らないので、どちらにつけばよいか、皆困っています。
  2. 彼はともこちゃんの婚約者候補の一人として、最初に名乗りを上げた。
  3. 思いもよらなかった人が生徒会の選挙に名乗りを上げたのですが、それは成績下位常連の健太くんです。
  4. 熊谷市が、ラグビーのワールドカップの開催地に名乗りを上げたのです。
  5. 遭難した人を救うために名乗りを上げたのは、たった三人しかいなかったのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事