【習うより慣れろ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
習うより慣れろ

【読み方】
ならうよりなれろ

【意味】
人や本などから知識として教わるよりも、実際に自分が経験を重ねた方が上達が早い、あるいは早く覚えられる、しっかりと身に付くという意味です。

【語源・由来】
元の言葉は「習うより慣れよ」です。

この場合の「習う」は、「教わる」「教えを受ける」という意味を用います。
何かを見本にして真似をするという意味では使いません。

【類義語】
・亀の甲より年の功
・経験は学問にまさる

【英語訳】
・Practice makes perfect.
・Let your body do the work.
・Custom makes all things easy.

習うより慣れろに最も近いフランス語訳では、
C’est en forgeant qu’on devient forgeron.
となり、意味は「鍛冶屋になるのは、鉄を鍛えながらだ」です。

有名なことわざですね。


「習うより慣れろ」の使い方

健太
英語の先生が「英語の時間はバカになろう」って言ったんだけど、これ以上バカになったら大変だよ~。
ともこ
それはね、英語の時間は恥ずかしさを捨てて、発音や文法ができてなくても良いから、思い切って喋ってみようって事よ。
健太
それなら「英語が上達するコツは習うより慣れろです」って言ってくれた方が分かりやすかったなぁ。
ともこ
そうね。

「習うより慣れろ」の例文

  1. パソコンは習うより慣れろで、分厚いテキストなんか読むよりも、実際に自分の指でキーボードを叩いた方が早く覚えるよ。
  2.  このゲームは特定のアイテムが出現したときにピンク色のボールを消すと、早くステージがクリアできます。習うより慣れろと言いますから、まずはステージ序盤でたくさん練習しておきましょう。
  3.  プロのカメラマンになる近道は、習うより慣れろで毎日何百回もシャッターを切って、経験を積んでいく事です。
  4.  新しく買い替えたスマホは使いにくいけど、習うより慣れろで説明書を読むよりも、まずは色々触ってみた方が早く使いこなせるようになる。
  5.  車の運転が上手くなりたいなら、習うより慣れろで、怖がらずに近所のスーパーやコンビニでも良いから、あちこち自分で車を運転して出かけてみるのが一番だよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事