【無くて七癖有って四十八癖】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
無くて七癖有って四十八癖

【読み方】
なくてななくせあってしじゅうはっくせ

【意味】
人間だれしも、少なからず癖を持っているという意味。

【語源・由来】
癖がないように見える人でも何かしらの癖があり、癖がある人と思う人はそれ以上の癖を持っているという意味から転じてきている。

【類義語】
・無くて七癖
・難なくして七癖
・人に七癖我が身に八癖
・人に一癖
・人に一癖馬に馬癖

【対義語】

【英語訳】
・Every man has his faults.
・Every man has his own peculiar habits.
・Every man has his foibles.

Every man has his faults.
every man ➡ 誰もかれも
has ➡ (haveの3 人称単数現在形)持っている。
his ➡ 彼の
faults ➡ 欠点・短所
直訳すると、「人には誰でも欠点がある」になる。

Every man has his own peculiar habits.
peculiar habits ➡ おかしな癖・おかしな習慣
直訳すると、「人には誰でもおかしな癖がある」になる。

Every man has his foibles.
foibles ➡ (foibleの複数形)ささやかな欠点
直訳すると、「人には誰でもささやかな欠点がある」になる。

「無くて七癖有って四十八癖」の使い方

健太
僕のクラスの友達が、変な癖を持っているんだ。
ともこ
変な癖?なに?
健太
なんか緊張すると、自分の右耳を抓るんだ。
ともこ
それはそれは。でも無くて七癖有って四十八癖っていうように、他にもなんかありそうね。

「無くて七癖有って四十八癖」の例文

  1. 無くて七癖有って四十八癖というが、あの子にも癖があるのだろうか謎である。
  2. 無くて七癖有って四十八癖というように、彼にはたくさんの癖がある。
  3. 無くて七癖有って四十八癖というが、自分の癖はなかなか気づかないものである。
  4. 僕は無くて七癖有って四十八癖という程に癖がある。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事