【無い袖は振れない】の意味と使い方に例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
無い袖は振れない

【読み方】
ないそではふれない

【意味】
お金を貸したくても、持っていないので貸せない

【語源・由来】
江戸時代、袖の長い振袖は、子供や未婚の女性が着るものでした。江戸時代初期、女性が積極的に恋愛感情を表に出すことが恥とされていた頃、踊り子たちは言い寄ってくる男性からの愛をOKしたり、NOと拒否したりする手段として、袖を振って返事をしていました。OKなら袖を左右に振り、NOなら袖を前後に振ります。それを見ていた一般の未婚女性たちが真似をして、いつしか袖を振る行為が求愛のサインへと変わりました。意中の相手に袖を振り、相手が袖を振り返してくれたらOKのサインになったのです。そして女性は結婚すると着物の袖は短くなりました。つまり結婚してしまうと、どんなに素敵な男性から言い寄られても、良い返事をしたくても、ない袖は振ることができません。そこから「ない袖は振れない」という言葉が生まれました。そこから転じて、お金がないので、貸したくても貸すことができないという言葉になりました。

振袖は、飛鳥時代にはその原型ができていました。江戸時代には今に近い振袖になり、明治時代以降には未婚女性の第一正装となります。現代でも使われる、恋愛にまつわる「振った」「振られた」という言葉は、この振袖を振ることに由来しています。

【類義語】
・有る袖は振れど無い紬は振れぬ
・無い袖振って付き合われぬ
・無い知恵は出せぬ
・すってんてん
・すかんぴん

【英語訳】
Can’t give what one doesn’t have.
You can’t get blood out of a stone.
A man cannot give what he hasn’t got.
You can’t give what you don’t have.
An empty bag will not stand upright.
Nothing comes from nothing.


「無い袖は振れない」の使い方

ともこ
「この前貸してあげたお金の返済期限が今日なんだけど」
健太
「えっ、そうだっけ!?」
ともこ
「やっぱり忘れてる。貸したこっちは絶対忘れないんだからね!今すぐ返して!」
健太
「ごめ~ん。でも無理だよ。無い袖は振れないよ」

「無い袖は振れない」の例文

  1. お金を貸してあげたいけど、無い袖は振れない
  2. 確かに良い企画だからスポンサーになりたいけど、無い袖は振れないね。
  3. 借りたお金を返したいけど、無い袖は振れないから返せないんだ。
無い袖を振っても出てこないのはお金だけなので、アイデアや物に対しては使えません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事