【成らぬ堪忍するが堪忍】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
成らぬ堪忍するが堪忍

【読み方】
ならぬかんにんするがかんにん

【意味】
これ以上我慢できない事をさらに我慢してこそ、本当の忍耐であるという意味です。

【語源・由来】
本来のことわざは「堪忍のなる堪忍は誰もする、ならぬ堪忍するが堪忍」です。
誰でもできる程度の我慢は我慢のうちには入らず、誰もできない程の我慢をしてこそ本当の我慢だと言う事が由来です。
出典は「読書録」とされます。

病気や怪我などの痛みとは異なります。
また、この場合の「堪忍」は、「堪える」「我慢する」という意味で使われます。

【類義語】
・なる堪忍は誰もする
・韓信の股くぐり
・堪忍辛抱は立身の力綱
・堪忍の足らぬ人は心の掃除の足らぬ人
・堪忍の忍の字が百貫する
・堪忍は一生の宝
・堪忍は万宝にかえ難し
・堪忍は無事長久の基
・忍の一字は衆妙の門
・忍は一字千金の法則

【英語訳】
・Patience is a flowew that grows not in every garden.
・True patience lies in bearing the unbearable.
・True endurance means bearing the unbearable.


「成らぬ堪忍するが堪忍」の使い方

健太
ともこちゃん、僕はもう我慢の限界だよ!弟が僕の大事にとっておいたケーキを食べちゃったんだ!ものすごく食べるの楽しみにしてたのに!
ともこ
ええ!?弟がした事じゃない、許してあげなよ。ならぬ堪忍するが堪忍って言うでしょ。我慢できないことを我慢できて耐えられる男の人って出世するわよ。
健太
え…出世…できるの?
ともこ
そうそう、ここはぐっと堪えて我慢して、「デキル男」になりなさいよ♪

「成らぬ堪忍するが堪忍」の例文

  1. 頭にくる気持ちは解るけど、ここで怒りを堪えないと今までの君の努力が泡になる。ならぬ堪忍するが堪忍だよ。
  2.  亡き父が良く言っていました。忍耐は美徳であり、ならぬ堪忍するが堪忍で生きる事こそ人の道であると。
  3.  おしどり夫婦として有名な芸能人夫婦がテレビ番組で夫婦円満の秘訣を訊かれていた。夫婦は口をそろえて「夫婦生活を長く続けるには、ならぬ堪忍するが堪忍が一番大事なことです」と答えていた。
  4.  些細な事でいちいち腹を立てるのは止めなよ。もっと上を目指すなら、ならぬ堪忍するが堪忍で、もっと辛い事や嫌な事にも歯を食いしばって我慢しなきゃならないんだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事