【名を捨てて実を取る】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
名を捨てて実を取る

【読み方】
なをすててじつをとる

【意味】
名誉や名声を得るより、実際の内容やよい結果を作り出すほうが、よいということ。 「名」とは、うわべの名目や体裁のこと。「実」とは、中身や実質の意味。

【語源・由来】

【類義語】
・名よりも実
・名を取るより得を取れ
・花より団子
・論に負けても実に勝て

【対義語】
・得を取るより名を取れ
・利を取るより名を取れ

【英語訳】
More profit and less honour.
to take the profit over the fame

「名を捨てて実を取る」の使い方

健太
今の校長先生は、自分の名誉を大事にしすぎていて、事なかれ主義だから好きじゃないんだ。
ともこ
そうね。名を捨てて実を取るような先生がいいわよね。教育は特に、実を優先することで名がついてくるものだと思うわ。
健太
そうなんだ。もっと生徒の目線で、ものごとを見たり、解決策を講じてほしいのに、教育委員会の顔色ばかりうかがっているんだよね。
ともこ
先生は聖人でも神様でもなく、私たちと同じ人間だからね。でも、できれば少しでも尊敬できる人に教えられたいわよね。

「名を捨てて実を取る」の例文

  1. 名を捨てて実を取りたいのに、今のテレビ界は視聴率という数字がすべてなので、良いものが作れない。
  2. 直木賞受賞用に本を書くことは簡単だが、私は名を捨てて実を取りたいので、書きたいものを書くと偉大な作家の先生がおっしゃった。
  3. 名を捨てて実を取るっていうように、お金持ちになりたいとか、有名になりたいとか、名誉ばかり求めてないで自分のやりたいことで成功したらどう?
  4. 名を捨てて実を取るというように、私は自分の肩書を守るめに、部下を見捨てるなんてことはしない。
  5. 名を捨てて実を取るというように、コンクールに大作を出して名誉を得るより、こつこつと信頼できる人から頼まれた仕事をこなすうちに、認められ、新しい美術館の玄関に飾る作品を頼まれた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事