【老いたる馬は道を忘れず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

老いたる馬は道を忘れず

【読み方】

おいたるうまはみちをわすれず

【意味】

高齢者の知恵や経験はいかすべきだという事。経験豊かな人は、判断が適切である事。

【語源・由来】

中国戦国時代の法家・韓非が春秋戦国時代の思想・社会の集大成と分析を著したとされる書『韓非子・説林上』より。
斉の管仲らが道に迷ったとき管仲が老馬を放ってその後に従うと、やがて進む道が見つかったという記述から。
老いた馬は道をよく知っており、迷うことがない事から。

【類義語】
・烏賊の甲より年の功
・医者と坊主は年寄りがよい
・医者と味噌は古いほどよい
・馬に道をまかす
・蟹の甲より年の功
・亀の甲より年の功
・松笠よりも年嵩
・老馬の智

【対義語】
・老いては子に従え
・騏驎も老いては駑馬に劣る
・年寄りと釘の頭は引っ込むがよい

【英語訳】
・The elderly horse does not forget a way.
・The old man with experience makes the right judgment.
・The person who served does not forget the received kindness.

「老いたる馬は道を知る」と表すこともあります。また「道」は「路」「途」と表すこともあります。
【スポンサーリンク】

「老いたる馬は道を忘れず」の使い方

健太
僕はあの先生がどうも苦手なんだ。どんなに怒られても素直に聞く気がしないんだよね。
ともこ
あのおじいさん先生の事?どうしてかしら。
健太
どうしてだろう、僕にも分からないんだけど、とにかく何か苦手なんだよね。
ともこ
でも老いたる馬は道を忘れずというから、あの先生の言う事もしっかりと聞くべきよ。

「老いたる馬は道を忘れず」の例文

  1. そんなに心配しなくても大丈夫だよ。老いたる馬は道を忘れずというし、おじいさん一人で帰って来れるだろう。
  2. 老いたる馬は道を忘れずというから、困ったときは退職した彼に相談するのもありかと思う。
  3. 老いたる馬は道を忘れずとはいえ、本当にあのおばあさんがあてになるのか分からない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事