【尾を振る犬は叩かれず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
尾を振る犬は叩かれず

【読み方】
おをふるいぬはたたかれず

【意味】
自己主張が少なく、素直で愛想の良い者は誰からでも愛されるということ。

【語源・由来】
飼い主の言うことを素直に聞いたり、しっぽを振りながら近づいてくる犬を愛らしく思う者はいるが、憎く叩きたくなる者はいないということから転じてきている。

【類義語】
・怒れる拳笑顔に当たらず
・尾を振る犬は打ち手なし
・窮鳥懐に入る
・窮鳥懐に入れば猟師も殺さず
・袖の下に回る子は打たれぬ
・杖の下に回る犬は打たれぬ
・飛ぶ鳥懐に入る時は狩人も助く
・這って来る犬は打てぬ
・袖の下に回る子は可愛い

【対義語】
・吠ゆる犬は打たるる

【英語訳】
・A snarling cur has a scurvy coat.
・Dog waving a tail is not hit.

A snarling cur has a scurvy coat.
snarling ➡ (snarlの現在分詞形)うなる
cur ➡ 野良犬・薄汚い犬・たちの悪い犬
scurvy ➡ 卑しい・下劣な・あさましい・みすぼおらしい
coat ➡ 毛
直訳すると、「うなる野良犬の毛はみずぼらしい」になる。

Dog waving a tail is not hit.
dog ➡ 犬
waving ➡ (waveの現在分詞)振る・揺らす
tail ➡ しっぽ
hit ➡ 打つ・叩く
直訳すると、「尾を振る犬は叩かれず」になる。

【スポンサーリンク】

「尾を振る犬は叩かれず」の使い方

健太
今日改めて実感したんだけど、愛想のいい人は誰からも好かれるってね。
ともこ
そうね、ブスッとしている人よりかは笑顔の人の方が好感持てるよね。
健太
尾をる犬は叩かれずっていうけど、本当その通りだよ。
ともこ
でも誰にでも八方美人っていうのもなんだか嫌だな。

「尾を振る犬は叩かれず」の例文

  1. 尾を振る犬は叩かれずと言うように、人柄が良い後輩は先輩たちから可愛がられている。
  2. あの子は愛想が良く、老若男女に好かれている姿はまさに尾を振る犬は叩かれずである。
  3. 尾を振る犬は叩かれずのため、失敗しても誰からも叱られない。
  4. 尾を振る犬は叩かれずな性格は、私からしたらただ単に八方美人なだけだ。
【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事