【終わり良ければ全て良し】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
終わり良ければ全て良し

【読み方】
おわりよければすべてよし

【意味】
最初や途中がどうであれ、結局大切なのは結果であるということ。

【語源・由来】
イングランド(イギリス)の詩人であり、劇作家として16世紀末のルネサンス期を代表したウィリアム・シェークスピアの作品名が由来とされている。『終わり良ければ全て良し』は16世紀末から17世紀初頭にかけて執筆された、『尺には尺を』や『トロイラスとクレシダ』といった「問題劇」の中の1作品である。「All’s well that ends well, still the fine’s the crown, Whate’er the course, the end is the renown.」(終わりよければすべてよし、終わりこそが肝心です。途中はどうあろうとも、終わりに花が咲けばよいのです。)作中にて、身分違いの貴族の男性に恋をした主人公のヘレナの言葉である。

【類義語】
・仕上げが肝心

【対義語】
・九仞の功を一簣に虧く
・仏作って魂入れず
・画竜点睛を欠く
・枡ではかって箕でこぼす

【英語訳】
・All’s well that ends well.
・The end crowns all.
・The end justifies the means.

【スポンサーリンク】

「終わり良ければ全て良し」の使い方

ともこ
カレー作ったんだけど、良かったら食べてくれない?
健太
もちろん!僕カレー好きなんだ。どれどれ…美味しい!ともこちゃん、このカレー美味しいよ。
ともこ
よかったー!実は、「カレーにはどんな隠し味がおいしいのか?」っていう自由研究をしていたの。健太君が食べたのは、隠し味にバニラアイスを入れたの。
全然気づかなかったでしょ?終わり良ければ全て良し、結果美味しくなったんだから問題ないね!
健太
ホントだよ。今回は美味しかったから良かったけど、不味かったら最悪だよ。

「終わり良ければ全て良し」の例文

  1. 途中がどんなに悪かろうと、終わり良ければ全て良しなんだよ。
  2. 若い時は色々とやんちゃな事もしたが、人生なんて終わり良ければ全て良しというように、最後が幸せだったら満足だ。
  3. 料理する過程でもたついたとしても、終わり良ければ全て良しというように、美味しければ問題ない。
  4. 終わり良ければ全て良しというが、結果が成功したから言える言葉であって、自信のない僕には無理なやり方だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事