【大男総身に知恵が回り兼ね】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

大男総身に知恵が回り兼ね

【読み方】

おおおとこそうみにちえがまわりかね

【意味】

体ばかりが大きくて知恵のない人の事。またまたは、体が大きいからと言って、それだけで威圧されるものでもないという事。

【語源・由来】

「総身」は、体全体ということを表し、大男は体が大きい分、全身に知恵がいきわたらず、何事にも愚鈍であることをあざけっていった川柳から。

【類義語】
・独活の大木
・大男の殿
・大男の見掛け倒し
・大きな大根辛くなし

【対義語】
・小男の総身の知恵も知れたもの
・小男は総身の知恵もたかが知れ
・山椒は小粒でもぴりりと辛い
・小さくとも針は呑まれぬ
・細くても針は呑めぬ

【英語訳】
・Big head, little wit.
・A great head and a little wit.
・Seldom is a long man wise or a low man lowly.
・A tall man is a fool.

【スポンサーリンク】

「大男総身に知恵が回り兼ね」の使い方

ともこ
隣のクラスの、柔道部部長の彼は、とてもたくましくて魅力的ね。
健太
え?君はああいうタイプが好みなのかい?大男総身に知恵が回り兼ねといった具合で、勉強はからっきしらしいよ。
ともこ
そこがまた可愛らしいんじゃない。女子にはかなりの人気よ。君もひがんでる場合じゃないんじゃないの?
健太
そういうつもりで言った訳じゃないよ。まったく、女ってのは分からないもんだよ。

「大男総身に知恵が回り兼ね」の例文

  1. 大男総身に知恵が回り兼ねという言葉は彼にとっては例外で、勉強もできるしスポーツも抜群である。
  2. あいつにどんなに威勢良く迫られたところで、大男総身に知恵が回り兼ねという言葉があるからこちらも落ち着いて挑めばかまわない。
  3. 強面でいかにも喧嘩の強そうな彼だが、大男総身に知恵が回り兼ねで、口論になると勝った試しが無いらしい。
  4. 大男総身に知恵が回り兼ねというだろう。僕はこの体格しか武器が無いんだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事