【親の意見と茄子の花は千に一つも無駄は無い】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
親の意見と茄子の花は千に一つも無駄は無い

【読み方】
おやのいけんとなすびのはなはせんにひとつもむだはない

【意味】
なすの花は全部実って一つの無駄花もないように、親が子を思っていう意見は全て大事な事ばかりであるということ。

【類義語】
・茄子の花と親の意見は千に一つも仇は無い
・親の意見と茄子の花は千に一つも仇は無い

【スポンサーリンク】

「親の意見と茄子の花は千に一つも無駄は無い」の使い方

健太
今日は、朝から母さんと喧嘩をしたから気分が悪いよ。
ともこ
どうかしたの?
健太
朝から、勉強の大切さについて、こんこんとお説教をするものだから、腹が立って言い返したら、喧嘩になったんだ。
ともこ
親の意見と茄子の花は千に一つも無駄は無いというじゃない。素直に聞いておいたほうが良いと思うわ。

「親の意見と茄子の花は千に一つも無駄は無い」の例文

  1. 親の意見と茄子の花は千に一つも無駄は無いというが、大人になってようやく、親が言っていた事の意味が分かった。
  2. 親の意見と茄子の花は千に一つも無駄は無いというが、僕の親の言うことはいつも参考になる。
  3. 親の意見と茄子の花は千に一つも無駄は無いというが、親からの忠告は、人生において常に役に立つ。
  4. 親の意見と茄子の花は千に一つも無駄は無いというが、自分を想って言ってくれた意見なので、とても役立つ。
  5. 親の意見と茄子の花は千に一つも無駄は無いというが、親からの意見は無視してはいけない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事