【親の因果が子に報う】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
親の因果が子に報う

「親の因果が子に報いる」ともいう。

【読み方】
おやのいんががこにむくう

【意味】
親の過った行動の結果が、子供に災いを及ぼす。

【語源・由来】
「因果」は仏教の教えで前世の悪行の報いとして、現世の不幸があるという考え方。

【対義語】
親の光は七光り(おやのひかりはななひかり)

【スポンサーリンク】

「親の因果が子に報う」の使い方

健太
親の因果が子に報うというけれど、裏で悪いことをたくさんしているという噂のあの議員さんは、お子さんが三人いたんだけど、全員不幸な死を遂げたんだって。
ともこ
怖いわね。三人とも亡くなったのね。それは、相当悪いことをしてきているわね。
健太
きっとそうだね。
ともこ
健太くんの成績があがらないのも、親の因果なのかしら・・・。

「親の因果が子に報う」の例文

  1. 親の因果が子に報うというけれど、子供はひどいアレルギーを持っているのだが、あの悪行の報いだろうか。
  2. 親の因果が子に報うというので、未来の子供に迷惑をかけたくないから、清らかな大人でありたい。
  3. 親の因果が子に報うというように、人を蹴落として出世した彼の子供は、皆、不幸になっている。
  4. 親の因果が子に報うというように、動物をいじめていた彼女の子供は、早くに事故で亡くなっている。
  5. 親の因果が子に報うというように、悪さばかりしていた彼は、流産を繰り返し、子供に恵まれなかったそうだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事