【驕る平家は久しからず】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
驕る平家は久しからず

【読み方】
おごるへいけはひさしからず

【意味】
地位や財力を鼻にかける驕り高ぶった者は、長くその身を保つ事はできず、いずれ滅びるであろうという意味です。

【語源・由来】
鎌倉時代に書かれたとされる「平家物語」の冒頭部分「祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし」が由来です。
栄耀栄華を極めた平家は「平家にあらずんば人にあらず(平家でなければ人でないの意味)」と思いあがっていましたが、その天下も長くは続きませんでした。
どんな事でも順調にいっている時や勢いが盛んな時、人はつい傲慢になってしまうので、そんな時ほど慎むべきという戒めですね。

「驕る」を「奢る」と書いてしまうと、自分のお金で他人にご馳走してしまう意味になるので間違いです。

【類義語】
・驕る平家に二代なし
・驕る平家の運の末
・驕る平家は内より崩る
・驕る者久しからず
・栄枯盛衰
・盛者必衰
・月満つれば則ち虧く
・日中すれば昃き、月盈つれば食く
・盈つれば虧く
・物盛んなれば則ち衰う
・羅紈有る者は必ず麻蒯有り

対義語ではありませんが、藤原道長が「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」という歌を残しています。

【英語訳】
・Pride will have a fall.
・Pride comes before a fall.
・Pride goes before destruction.
・The morning sun never lasts a day.

【スポンサーリンク】

「驕る平家は久しからず」の使い方

健太
隣のクラスに将棋がすごく上手い子がいるんだけど、自慢ばっかりして、偉そうにしてて感じ悪いんだ。
ともこ
私の友達、その子と勝負して負けちゃったの。弱すぎて相手にならないって、馬鹿にされたって落ち込んでいたわ。
健太
ひどいよね。負けた対戦相手にそんなふうに言わなくても良いのに。
ともこ
驕る平家は久しからずって言うから、じきにその子より上手い子にコテンパンに負かされるわよ!

「驕る平家は久しからず」の例文

  1. 彼は最近営業の成績が良くて調子に乗っているが、驕る平家は久しからずと言って、あまり傲慢な態度を取っていると自滅するよ。
  2.  勢いのある政権だったが、ここ数ヵ月の勢いにかげりが見えてきた。これは驕る平家は久しからずという事だろうか。目が離せない展開になってきた。
  3.  世界大会で優勝してからというもの、あの選手は態度が変わってしまった。サインや写真を求めるファンに対して冷たい態度を取ったり、暴言を吐いたりしているのだ。驕る平家は久しからずというが、あの選手はそのうち成績が悪くなるだろう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事