【律儀者の子沢山】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
律儀者の子沢山

【読み方】
りちぎもののこだくさん

【意味】
「江戸いろはがるた」のひとつ。

生真面目で義理堅い人は、品行方正で夫婦仲が良いので、子供が多くなるということ。

【語源・由来】
「律義者(りちぎもの)」とは、真面目で義理堅い人のこと。

【類義語】
・貧乏柿の核沢山(びんぼうがきのさねたくさん)

【対義語】

【英語訳】
Children are poor men’s riches.

「いろはかるた」とは、いろは47文字に「京」の文字を加えた48文字から作られた、かるたのこと。
地方によって違いがある。
江戸の他に、上方(京都)、大阪、尾張などがある。

「律儀者の子沢山」の使い方

健太
昨日、叔母さんが子供を連れて遊びに来たんだ。
ともこ
たしか、子供がたくさんいるのよね。にぎやかだったでしょう。
健太
5人兄弟で、今年赤ちゃんが産まれると話していたから、とても楽しみだよ。
ともこ
律儀者の子沢山というけれど、幸せなことね。

「律儀者の子沢山」の例文

  1. 律儀物の子沢山というけれど、友人には子供が4人いて、いつでも仲が良さそうでとても羨ましいことだ。
  2. 兄夫婦には子供が3人いて、来年もうひとり家族が増えると話していた。律儀者の子沢山ということか。
  3. 社長には子供が5人いると聞いた。律儀者の子沢山なのかもしれない。
  4. 律儀者の子沢山なのだと思っていた夫婦が、別れることになったらしい。原因は浮気だと言うから人はわからないものだ。
  5. 将来子供をたくさん欲しいと思っているけれど、律儀者の子沢山となれるような相手はいるだろうか。

まとめ

真面目で義理堅い人は、人から恨まれたり妬まれたりすることがないので、夫婦仲だけでなく、仕事や友人関係も円満でいられるのではないでしょうか。
律儀者の子沢山というように、幸せな家庭を築くことは、とても素晴らしいことですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事