【悋気は女の七つ道具】の意味と使い方の例文(類義語)

【ことわざ】
悋気は女の七つ道具

【読み方】
りんきはおんなのななつどうぐ

【意味】
焼きもちを焼くことは女の武器のひとつであり、男性を操縦する武器ともなる。

【類義語】
・悟気嫉妬は女の常

【スポンサーリンク】

「悋気は女の七つ道具」の使い方

ともこ
健太くん。さっき、一緒に腕組をして歩いていた女性は誰なの?
健太
ともこちゃん、僕に嫉妬をしているの?
ともこ
そうだけど。悪い?
健太
悋気は女の七つ道具というけれども、今、嫉妬するともこちゃんがかわいく思えてしょうがないよ。ともこちゃん、好きだー。

「悋気は女の七つ道具」の例文

  1. 悋気は女の七つ道具というけれども、僕は惑わされないぞ。
  2. 嫉妬は面倒臭い、悋気は女の七つ道具なんて嘘だ。
  3. 悋気は女の七つ道具というので、ここぞというタイミングでかわいく嫉妬して、彼を私のほうに振り向かせました。
  4. 嫉妬は使いようによっては、悋気は女の七つ道具というように、彼を落とす技にすることができるけれども、嫉妬は行き過ぎると大変なことになります。
  5. 悋気は女の七つ道具というけれども、嫉妬するともこちゃんの姿にメロメロになった僕は反論できないです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事