【李下に冠を正さず】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
李下に冠を正さず

【読み方】
りかにかんむりをたださず

【意味】
人から疑われるような、まぎらわしい行動は避けよというたとえ。

【語源・由来】
「古楽府(こがふ)」君子行(くんしこう)
「瓜田(かでん)に履(くつ)を納(い)れず、李下に冠を正さず」
瓜畑(うりばたけ)で履物を履きなおそうとかがむと、瓜を盗もうとしていると人に疑われ、李(すもも)の木の下で冠をかぶりなおせば、李を盗もうとしているのではないかと、人から疑われてしまう。
ということから、由来している。

【類義語】
・李下の冠(りかのかんむり)
・瓜田に履を納れず(かでんにくつをいれず)
・瓜田に履を納れず李下に冠を正さず(かでんにくつをいれずりかにかんむりをたださず)

【英語訳】
He that will none ill do must do nothing that belongs thereto.
Caesar’s wife must be above suspicion.


「李下に冠を正さず」の使い方

健太
ぼくは相手チームに、次の試合の作戦なんて教えていないよ!
ともこ
そうだと信じたいけれど、隠れて相手チームの人と会っていては、疑われても仕方ないわよ。
健太
ゲームの話をしていただけなんだよ。本当だよ。
ともこ
李下に冠を正さずというのだから、会うのはやめた方がいいと思うわ。

「李下に冠を正さず」の例文

  1. 李下に冠を正さずというから、取引先の接待は受けないほうがいい。
  2. 個人的な付き合いだといっても、休みの日に業者と合うのはやめた方がいいよ。李下に冠を正さずだ。
  3. テスト前に生徒の個人的な相談に乗ることは、控えたほうがいい。李下に冠を正さずというだろう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事