【柳絮の才】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
柳絮の才

【読み方】
りゅうじょのさい

【意味】
文才のある女性をほめる言葉。

【語源・由来】
世説新語より出典。
中国晋(しん)の時代に、にわかに降り出した雪を「空から塩をまいた」など風流なたとえをしたが、王凝之(おうぎょうし)の妻の謝道韞(しゃどううん)が、「春の柳絮が空を舞う」(柳絮とは、柳の種の綿毛のことで、晩春に綿のように乱れ飛ぶ)とたとえたことで、その文才をたたえられたことから由来。

【類義語】
・詠雪の才(えいせつのさい)

【対義語】

【英語訳】
Woman of excellent literary talent.

「柳絮の才」の使い方

健太
ともこちゃんは、また作文コンクールで優勝して表彰されたんだね。
ともこ
優勝もうれしいけれど、審査員の先生たちにとても褒められたこともうれしかったわ。
健太
柳絮の才が高いということは、素晴らしいことだと思うよ。
ともこ
ありがとう。将来は作家になれるように、もっと勉強したいと思っているわ。

「柳絮の才」の例文

  1. 新人とはいっても、彼女の作品は斬新ですばらしいよ。柳絮の才が高いということだろう。
  2. 姉は昔からお話を作るのが得意だった。今回、柳絮の才があると見込まれて、作家として作品を発表することになった。
  3. ずっと脚本を書き続けているけれど、私には彼女のような柳絮の才がきっとないのだと思う。
  4. 容姿が整っていることも、素敵な女性であるけれど、私は柳絮の才が高いと言われることが、最高の褒め言葉だと思っている。
  5. 今世間で話題の小説は、驚くようなストーリー展開で、大胆な展開は結末が想像もつかない。作者は柳絮の才が高いことは間違いない。

まとめ

柳絮の才というように、文才のある女性は、知識が豊富で魅力的なのではないでしょうか。
どのようなことでも、才能があるということは、素晴らしいことですね。
その才能を伸ばせるように、努力したいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事