【触らぬ神に祟りなし】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
触らぬ神に祟りなし

【読み方】
さわらぬかみにたたりなし

【意味】
神様と関わり合いにならなければ、神様の祟りを受けることがないように、何事も関係を持たなければ災いが身に及ばないということ。

【語源・由来】
しなくてもいい余計な手出しや、口出しは控えたほうがいいというたとえ。

【類義語】
・君子危うきに近寄らず(くんしあやうきにちかよらず)
・近づく神に罰当たる
・参らぬ仏に罰は当たらぬ
・七日通る漆も手に取らねばかぶれぬ(なぬかとおるうるしもてにとらねばかぶれぬ)

【対義語】
・寝た子を起こす
・藪をつついて蛇を出す(やぶをつついてへびをだす)
・義を見てせざるは勇無きなり(ぎをみてせざるはゆうなきなり)

【英語訳】
Let sleeping dogs lie.

「さわらぬ」を、「障らぬ」と書くのは誤り。
「障らぬ」とは、害になるという意味なので誤り。
「当たらぬ神に祟りなし」というのは誤り。
【スポンサーリンク】

「触らぬ神に祟りなし」の使い方

健太
さっき、隣のおじいさんがものすごく怒っていたよ。
ともこ
どうしたのかしら?
健太
植木鉢を割られて、機嫌が悪いみたいなんだ。
ともこ
触らぬ神に祟りなしね。

「触らぬ神に祟りなし」の例文

  1. 今、母はとても怒っているようだ。触らぬ神に祟りなしというから、近寄らないようにしておこう。
  2. 試合に負けた後のキャプテンは、触らぬ神に祟りなしだ。
  3. さっき電話をしていた部長が、ものすごく怒っていたから触らぬ神に祟りなしというように、自分の仕事を進めておこう。
  4. 触らぬ神に祟りなしといったのに、余計なことをするから巻き込まれてしまうんだよ。
  5. 姉と妹がケンカをしていたけれど、触らぬ神に祟りなしというから、僕は静かに本を読んでいよう。
「祟り」というのは、神様に対して悪いことをしてしまったときに受ける災いのこと。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事