【先んずれば人を制す】の意味と使い方に例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
先んずれば人を制す

【読み方】
さきんずればひとをせいす

【意味】
・人よりも先に物事を実行することによって、相手を抑え、有利な立場に立つことができる。
・先手を取ることができれば、相手を圧倒し、抑えつけることができる。
・何事も、先手を取ることで成功の糸口をつかめるが、後手に回っては勝ち目がない。

【語源・由来】
史記に由来する言葉。江西のひとびとが、秦に対して反乱を起こした時に、殷通(いんとう)という長官が項羽に対して、「先んずれば即(すなわ)ち、人を制し、後(おく)るれば、則(すなわち)人の制するところとなる。」と、言ったことが由来。人よりも先に行動を起こすことで、人の先頭に立ち指示を出すことができるが、人の後から行動を起こしてしまえば、人に指示をされて支配されてしまう。という言葉からできたことわざ。

【類義語】
・思い立ったが吉日
・善は急げ
・先手必勝
・早い者勝ち
・機先を制する
・先手は万手

【対義語】
・急がば回れ
・急いては事を仕損じる

【英語訳】
First come,first served.
The foremost dog catches the hare.

「先んずる」とは、「先にする」を転じた言葉。

「先んずれば人を制す」の使い方

健太
またサッカーの試合で負けちゃったよ!
ともこ
そうなの?残念だったわね。
健太
来週の試合は、絶対に勝ちたいから、試合会場に一番乗りするんだ!
ともこ
先んずれば人を制すね。
今度こそ、勝てるといいね!

「先んずれば人を制す」の例文

  1. 新しいアイディアが浮かんだから、先んずれば人を制すで、商品開発を進めよう。
  2. ライバルに負けないように、先んずれば人を制すで、あの子をデートに誘おう。
  3. 次のテストは1番を取りたいから、先んずれば人を制すで、さっそくテスト勉強に取りかかろう。
  4. 今度の選挙で生徒会長になるためには、先んずれば人を制すで取り組もう。
  5. 先んずれば人を制すで取り組んだから、プレゼンに勝つことができた。
「先んずれば人を征す」と書くのは誤り。
「征」とは、道を足で歩いていくことを表す字。
「行く」「旅に出る」「戦争へ行く」などの意味なので、誤りに注意。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事