【千里の馬も伯楽に逢わず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
千里の馬も伯楽に逢わず

【読み方】
せんりのうまもはくらくにあわず

【意味】
有能な人は、いつの時代にも存在しているが、その才能を見抜いて発揮させることができる人は、なかなかいないというたとえ。

【語源・由来】
「伯楽(はくらく)」とは、春秋時代に名馬を見抜くことができた名人のこと。

一日に千里もの距離を走ることのできる名馬がいたとしても、その名馬を見抜くことのできる名人はそれほどいないということから。

【類義語】
・千里の馬は常に有れども伯楽は常には有らず

【対義語】

【英語訳】
It is very difficult to meet an able person.

「千里の馬も伯楽に逢わず」の使い方

ともこ
昨日の手品はとても素晴らしかったと思うわ。
健太
ありがとう。それほど練習したわけじゃないのに、成功して良かったよ。
ともこ
健太くんにそんな才能が眠っていたなんて、とても驚いたわ。今までは、千里の馬も伯楽に逢わずだったのね。
健太
これからも先生に教わりながら、もっと練習してみようと思っているよ。

「千里の馬も伯楽に逢わず」の例文

  1. 千里の馬も伯楽に逢わずというけれど、あの先生に出会わなければ、この才能には気づかないまま生きていたことだろう。
  2. 彼女は全くの素人だったにも関わらず、偶然出会った師が彼女の才能に気づいたんだ。千里の馬も伯楽に逢わずだね。
  3. ピッチャーをしていた頃は、それほど力のある選手だと思わなかったけれど、キャッチャーに転向してからは素晴らしい成績だね。千里の馬も伯楽に逢わずというけれど、彼と監督の出会いに感謝しなければいけないね。
  4. 彼女は何度コンクールに応募しても落選ばかりだった。しかし、作品が先生の目に止まったことで、才能が一気に開花したんだね。千里の馬も伯楽に逢わずということだったのか。

まとめ

人は誰しもなにかの才能を秘めているのではないでしょうか。
しかし、千里の馬も伯楽に逢わずというように、その才能を見抜く人物に出会わなければ、気づかないまま過ごしてしまうのかもしれませんね。
眠っている才能に気づいてくれる人に出会うことで、才能を発揮させることができるといいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事