【辛酸を嘗める】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
辛酸を嘗める

【読み方】
しんさんをなめる

【意味】
辛い物や酸っぱい物を嘗めさせられることを人生の苦労にたとえたもの。辛い目に遭ったり、苦しい経験をしたりすること。

【スポンサーリンク】

「辛酸を嘗める」の使い方

健太
あーあ。みんな幸せそうだなあ。ニコニコ笑っているよ。楽しそうだなあ。
ともこ
どうしたの?健太くん。何か悩みがあるの?外から見たらどんなにしあわせそうに見えても、多少の辛酸を嘗めなかった人がいるはずがないじゃない。みんなどこかで悩み苦しみ、それを乗り越え生きているのよ。
健太
そうだよね。僕も頑張る・・・。

「辛酸を嘗める」の例文

  1. 正直、ともこちゃんには酸を嘗めさせられてきたが、恨みは微塵も感じなかった。
  2. 念願のカフェを開店したのだが、しかし想像していたのと違って、現実は厳しく、失敗の連続で辛酸を嘗めることになった。
  3. 父さんは母さんと結婚するまでは、いろんな職を転々として辛酸を嘗めたらしい。
  4. 健太くんは、幼少期に辛酸を嘗めるが、大伯母に助けられ作家として成功したのでした。
  5. 若い時から辛酸を嘗めてきた彼は、弱い人の気持ちを思いやれる温かい人だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事