【糟糠の妻は堂より下さず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
糟糠の妻は堂より下さず

【読み方】
そうこうのつまはどうよりくださず

【意味】
貧しい頃からともに苦労をしてきた妻を、自分が出世したからといって、家から追い出すわけにはいかないということ。

【語源・由来】
「糟糠の妻(そうこうのつま)」とは、粗末な食べ物を共に食べてきた妻という意味。
「堂(どう)」とは、大きな建物や、広い部屋という意味。

中国後漢の光武帝が、臣下の中でも優秀で人柄の優れていた大司馬宋弘に、寡婦となった姉の湖陽公主をめとらせようとしたところ、宋弘が「貧賤の交わりは忘るべからず、糟糠の妻は堂より下さず、と聞いております。」といって辞退したという故事に基づく。

【類義語】
・糟糠の妻(そうこうのつま)

【対義語】

【英語訳】
It is both a suffering-troubles wife. Good wife.

「糟糠の妻は堂より下さず」の使い方

健太
ぼくの叔父さんは、会社の経営が落ち着くまで、とても苦労をしたみたいなんだ。
ともこ
それは大変な思いをされたのね。
健太
経営が落ち着いた今でも、糟糠の妻は堂より下さずといって、妻のことを大切にすると話していたよ。
ともこ
とても素敵なご夫婦ね。

「糟糠の妻は堂より下さず」の例文

  1. 糟糠の妻は堂より下さずというように、苦労を共にした妻のことは一生大切にしようと思っているよ。
  2. 糟糠の妻は堂より下さずというのに、彼は社長になった途端に妻と別れて、新しい妻を迎えたようだと聞いた。
  3. 貧しいこともあったけれど、生活が裕福になったのは妻のおかげだ。糟糠の妻は堂より下さずというように、これからも大切にしたいと思う。

まとめ

苦労を共に乗り越えてきた妻の存在は、とても大切なものなのではないでしょうか。
糟糠の妻は堂より下さずというように、出世したり成功したりしたからといって、簡単に捨ててしまうようなことはしたくないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事