【出藍の誉れ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
出藍の誉れ

【読み方】
しゅつらんのほまれ

【意味】
弟子が師よりもすぐれた才能をあらわすたとえ。

【語源・由来】
「荀子」の言葉から。 青色の染料は藍から取るものだが、もとの藍の葉より青くなることからいう。「藍」は、たで科の一年草。「青は藍より出いでて藍よりも青し」ともいう。

【類義語】
・青は藍より出でて藍より青し
・氷は水より出でて水より寒し

【対義語】

【英語訳】
outdone his master
eclipsed his master
excelled his master
The scholar may waur the master.

「出藍の誉れ」の使い方

ともこ
健太くん、空手の全国大会で優勝おめでとう。出藍の誉れね。
健太
ありがとう。でも、戦績としては出藍の誉れだけど、人格としては先生に及ばないよ。
ともこ
健太くんの先生はいつも落ち着いていて、でもあたたかい良い先生だものね。
健太
すべてにおいて先生を追い越すことはとても難しいよ。

「出藍の誉れ」の例文

  1. 彼は歌人として多くの弟子をとっていたが、その中で二人の弟子が出藍の誉れを謳われた。
  2. 自分の授業の聴講生の一人だった彼が、後世に残るような本を書くなんて出藍の誉れである。
  3. 彼は文武両道、いろんなことに優れていて出藍の誉れをほしいままにした。
  4. わたしの絵が展覧会に飾られたが、みんなそこで足を止め賞賛の言葉を残し、出藍の誉れをあげた。
  5. 尊敬する先輩と決勝戦で戦うことになり、全力でぶつかるべきか迷ったが、先輩に勝つことで出藍の誉れをあげ、恩返しをようと気合を入れなおした。

まとめ

出藍の誉より、青は藍より出でて藍より青しのほうが、なじみが深いかもしれない。弟子が師を超えるとき、よい関係であるほどに、両者ともに複雑な思いを抱えるものだと思うが、それを乗り越えた時、両者にとってまた新しい世界が広がるような気がする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事