【旋毛を曲げる】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
旋毛を曲げる

【読み方】
つむじをまげる

【意味】
気分を悪くして、わざと反対する。わざとひねくれる。意地悪く反対して従わないという意味。

【類義語】
冠を曲げる(かんむりをまげる)

【スポンサーリンク】

「旋毛を曲げる」の使い方

健太
ともこちゃん、いい加減に機嫌をなおして、旋毛を曲げるのはやめなよー。
ともこ
ふんっだ!!健太くんなんて知らないっ!

<例文>

  1. 弟はお寿司屋さんよりもラーメン屋さんにいきたいと旋毛を曲げて家族を困らせた。
  2. 弟はお兄ちゃんにゲームで負けて旋毛を曲げた
  3. いつまでも旋毛を曲げていないで、カラオケにでも行こうよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪