【粒が揃う】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
粒が揃う

【読み方】
つぶがそろう

【意味】
質が高く、優れている人や物が集まる。


「粒が揃う」の使い方

健太
ともこちゃん!今年の新入生は粒が揃っているよー。
ともこ
へえ。優秀な子が多いの?なんでそんなことが健太くんに分かるの?
健太
違うよー。成績じゃなくて、かわいい女の子がものすごく多いんだよー。
ともこ
なーんだ。そういう方面の話だったのね。だったら私たちの学年も、私をはじめとして粒が揃っているじゃないの。

「粒が揃う」の例文

  1. 今年の応募作品は、粒が揃っていて、なかなか選考のし甲斐があってうれしいんです。
  2. 今年の就職希望者は粒が揃っているので、どの生徒にするか決めるのが難しいが、入社してからがとても楽しみだ。
  3. このクラスは粒が揃っているためか、まとまりが良くて、問題行動が少ないので担任の私は楽である。
  4. 隣の学校の生徒は粒が揃っていて、何をしても優秀な成績を残すから、うちの学校はいつも比較されて悲しい思いをすることになるのです。
  5. その美術館は収蔵作品数は少ないが、それでも大作が集まっているのと粒が揃っていることで、とても見ごたえがある。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事