【愛想尽かしは金から起きる】の意味と使い方の例文(類義語)

【ことわざ】
愛想尽かしは金から起きる

【読み方】
あいそづかしはかねからおきる

【意味】
女が男につれなくなるのは金銭が原因である場合が多いという意味。

【類義語】
・金の切れ目が縁の切れ目

【スポンサーリンク】

「愛想尽かしは金から起きる」の使い方

健太
父さんがリストラされてしまって大変な時なのに、母さんが、父さんと離婚するって宣言して、家の中がさらに大変なことになっているんだ。
ともこ
愛想尽かしは金から起きるっていうからね。
健太
愛情ってシビアなものなんだね。
ともこ
そうよ。愛情ってチョコレートのように甘いものではないのよ。

「愛想尽かしは金から起きる」の例文

  1. 愛想尽かしは金から起きるというように、貯金がなくなったとたん彼女は僕から離れていきました。
  2. 経営していたお店がつぶれたら、愛想尽かしは金から起きるというが、彼女に振られました。
  3. まさに愛想尽かしは金から起きる、事務所に契約を切られたら彼女にも縁を切られました。
  4. 愛想尽かしは金から起きるというが、彼女は僕のお金を愛していたのかな。
  5. 愛想尽かしは金から起きるというから、彼女を失わないために仕事をがんばろう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事