【悪銭身につかず】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語・英語訳)

【ことわざ】
悪銭身につかず

【読み方】
あくせんみにつかず

【意味】
不正に手に入れたお金は、無駄に使ってしまい残らないというたとえ。

【語源・由来】
「悪銭(あくせん)」とは、盗んだり博打(ばくち)をしたりして手に入れたお金のこと。
あぶく銭ともいう。
お金は不正をせずに、自分で稼ぐべきという教訓が由来。

「競馬」「競輪」「宝くじ」などで手に入れたお金も、「悪銭」とみなされる場合がある。

【対義語】
・正直の儲けは身につく(しょうじきのもうけはみにつく)

【英語訳】
Ill got,ill spent.
Easy come,easy go.
Light(ly) come,ligth(ly) go.
Quickly come, quickly go.

【スポンサーリンク】

「悪銭身につかず」の使い方

健太
やったあ、おじさんからお小遣いをもらったんだ。
ともこ
良かったわね。
健太
また遊びに来てくれないかな。そしてまたお小遣いをくれるといいな。
ともこ
健太くん、悪銭身につかずよ。

「悪銭身につかず」の例文

  1. あの会社の経理は、億近い金額を横領して逮捕されたようだが、悪銭身につかずというようにほとんどのお金を使いきってしまっていたらしい。
  2. 競馬で大穴を当てたけれど、悪銭身につかず。一晩でお金を使いきってしまった。
  3. 悪銭身につかずというように、しっかりコツコツと働くことが大切だと祖母に教えられた。
  4. 祖父は宝くじで大金を当てたことがあるけれど、悪銭身につかずですぐに使ってしまったらしい。
  5. 悪銭身につかずというけれど、お母さんに嘘をついてもらったお小遣いはすぐに使い切ってしまった。

まとめ

こつこつ貯めたり、苦労して手に入れたりしたお金は、大切に使うのではないでしょうか。
しかし、予想外に舞い込んだお金や苦労せずに手に入れたお金は、あっという間に使ってしまいますね。
悪銭身につかずといいますが、お金は不正をせずに稼ぎ、そして大切に使いたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事