「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなる】の意味と使い方や例文(語源由来)

秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなる

「秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなる」の意味(語源由来)

意味【ことわざ】
秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなる

【読み方】
あきのいりひととしよりは、だんだんおちめがはやくなる

【意味】
秋が深まるほど日没が早くなるように、年を取れば取るほど衰えが早くなるということ。

ことわざ博士
「秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなる」ということわざは、秋が進むと日没が早くなるように、年を取ると衰えが早まるという意味があるんだ。
助手ねこ
ああ、なるほど!秋が進むと、日が早く沈んで暗くなるように、年を取ると衰えも早まるってことやんね。

人も同じで、歳をとると体力や元気が減っていくから、落ち目になる速さも早く感じられるんやな。秋の夕暮れのように、年寄りになると日が早く沈む感じやねん。確かに、歳を重ねると身体の変化を感じることが多いもんな。

【スポンサーリンク】

「秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなる」の解説

カンタン!解説
解説

「秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなる」っていうことわざは、秋が進むにつれて日が暮れる時間が早くなるように、年を取ると体力や元気が衰えることを表しているんだよ。

たとえば、夏の頃は長い時間日が暮れるから、活動する時間も長くなって楽しいことができるけど、秋になると日が短くなって、早く暗くなるから活動する時間も減ってしまうよね。それと同じで、人も年を取ると体力が減り、元気がなくなってくるんだ。

だから、「秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなる」ということわざは、秋の日没が早まるように、年を取ると衰えが早くなるということを教えているんだよ。

「秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなる」の使い方

健太
秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなるというけど、30を過ぎたからの月日の流れははやく衰えを感じるって言うよね。
ともこ
5歳の子の一年は、人生の五分の一だけど、30歳の一年は三十分の一だからはやく感じるんですって。
健太
分かったような分からないような。
ともこ
分かっても分からなくても、地球の歴史から見れば人間の一生なんてあっという間。毎日を大事に生きればいいんじゃないかしら。
【スポンサーリンク】

「秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなる」の例文

例文
  1. 秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなるというが、どんどんできないことが増えていく。
  2. 秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなるといわれるように、急速に老化は進む。
  3. 秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなるというけど、記憶力の衰えがひどくなったなあ。
  4. 秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなるというが、天国へのお迎えが近づいてきているのだと老化を受けいれる。
  5. 秋の入り日と年寄りは、だんだん落ち目が早くなるというけれども、90歳を過ぎて、本当に急速に衰えてゆくんだと実感する。
スポンサーリンク




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪