【朝虹はその日の洪水】の意味と使い方や例文(語源由来)

【ことわざ】
朝虹はその日の洪水

【読み方】
あさにじはそのひのこうずい

【意味】
朝に虹がかかると、その日は大雨になる。

【語源・由来】
日本は、西から天気が崩れることが多い。朝に虹がかかるということは、西方で雨が降っていることから。

【スポンサーリンク】

「朝虹はその日の洪水」の使い方

ともこ
虹がかかっているわよ。
健太
きれいだね。
ともこ
あっ。傘を持ってきていないわ。
健太
朝虹はその日の洪水っていうもんね。でも最近は異常気象で読めない天気が増えているから大丈夫かもよ。

「朝虹はその日の洪水」の例文

  1. 朝虹はその日の洪水というから運動会は中止かもしれない。
  2. 朝虹はその日の洪水といわれているが、昔の人の経験からくる言葉なのだから信頼できるのだろう。
  3. 朝虹はその日の洪水という言葉の通り、虹がかかった後にゲリラ豪雨が降った。
  4. 朝虹はその日の洪水といわれるから、雨に備えておこう。
  5. 朝虹はその日の洪水と言われるが、今日は晴れた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪