【秋の雨が降れば猫の顔が三尺になる】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
秋の雨が降れば猫の顔が三尺になる

【読み方】
あきのあめがふればねこのかおがさんじゃくになる

【意味】
秋は晴れた日より雨の日の方があたたかいので、あたたかい日が好きな猫は顔を長くし喜ぶという。

また、秋の長雨には、猫ですら退屈に感じるという説もある。

【語源・由来】
秋は晴れの日よりも雨の日のほうがあたたかいことが多く、寒がりの猫が顔を長くして喜ぶことから。

【類義語】
・冬の雨が三日降れば猫の顔が三尺伸びる

【スポンサーリンク】

「秋の雨が降れば猫の顔が三尺になる」の使い方

ともこ
秋の雨が降れば猫の顔が三尺になるっていうわよね。
健太
今日のうちの猫は、いつもよりも顔が大きかった気がするよ。
ともこ
夜中にご飯を食べ過ぎてむくんでたんじゃないの?
健太
あり得るなあ。最近メタボ気味で獣医さんに怒られたんだよね。

「秋の雨が降れば猫の顔が三尺になる」の例文

  1. 秋の雨が降れば猫の顔が三尺になるというが、晴れの日よりも確かに気温が高い。
  2. 秋の雨が降れば猫の顔が三尺になるというように、僕も家にこもっているのが退屈になって来た。
  3. 秋の雨が降れば猫の顔が三尺になるの言葉の通り、秋の雨の日はあたたかいからか猫は活発だ。
  4. 秋の雨が降れば猫の顔が三尺になるというが、我が家の猫は雨が嫌いだから逆だ。
  5. 秋の雨が降れば猫の顔が三尺になるというけど、退屈で猫と一緒に欠伸をした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪