【朝、霜が降りないときは雨】の意味と使い方や例文(語源由来)

【ことわざ】
朝、霜が降りないときは雨

【読み方】
あさ、しもがおりないときはあめ

【意味】
霜のない朝は雨になりやすいということ。

【語源・由来】
冷えこんだ朝に霜が降りるので、霜ができないということは、低気圧が近づいていて朝あたたかく、その後は雨になりやすいということ。

【スポンサーリンク】

「朝、霜が降りないときは雨」の使い方

健太
霜月なのに、今朝は霜がないね。
ともこ
朝、霜が降りないときは雨っていうから、傘を持っていった方が良いわよ。
健太
このまま日中も晴れて暖かくなるんじゃないの?
ともこ
昔の人の知恵を信じるなら、十中八九雨になるわね。

「朝、霜が降りないときは雨」の例文

  1. 朝、霜が降りないときは雨という、洗濯物は外に干さない方がいい。
  2. 朝、霜が降りないときは雨というから、遠足は中止になるだろう。
  3. 朝、霜が降りないときは雨というので、雨を想定して水やりはしない。
  4. 朝、霜が降りないときは雨という、みんな知っているのか傘を持った人が多い。
  5. 朝、霜が降りないときは雨といわれるから、天気は崩れる可能性が高い。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪