【朝曇りは晴れ、夕曇りは雨】の意味と使い方や例文(語源由来)

【ことわざ】
朝曇りは晴れ、夕曇りは雨

【読み方】
あさくもりははれ、ゆうぐもりはあめ

【意味】
朝曇っていると、その後は晴れ、夕方曇っていると、翌日は雨が降る。

【語源・由来】
周囲を山に囲まれた地域で、夜の間に放射冷却で冷えた山斜面の冷気が平野に下りてきて、平野に霧やもやを発生させる。 朝になり太陽が昇ると、気温が上昇し霧や靄が消える現象から。

【スポンサーリンク】

「朝曇りは晴れ、夕曇りは雨」の使い方

ともこ
朝曇りは晴れ、夕曇りは雨というから明日は雨ね。
健太
確かにどんより曇っているね。
ともこ
明日の運動会は中止ね。
健太
もしかするともしかするかもしれないから、てるてるぼうずをたくさん作っておくよ。

「朝曇りは晴れ、夕曇りは雨」の例文

  1. 朝曇りは晴れ、夕曇りは雨というから、この後はすっきり晴れるだろう。
  2. 朝曇りは晴れ、夕曇りは雨というが、一日中曇りの後雨が降った。
  3. 朝曇りは晴れ、夕曇りは雨という、きっと天気が崩れることは無いだろう。
  4. 朝曇りは晴れ、夕曇りは雨といわれるが、念のため折り畳み傘を持っていこう。
  5. 朝曇りは晴れ、夕曇りは雨という、明日の朝には雨が降っているかもしれない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪