【阿漕が浦に引く網】の意味と使い方や例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
阿漕が浦に引く網

【読み方】
あこぎがうらにひくあみ

【意味】
隠し事もたび重なると広く知られるということ。

【語源・由来】
古今和歌六帖の歌から。

【英語訳】
A secret is disclosed in when.

【スポンサーリンク】

「阿漕が浦に引く網」の使い方

健太
こっそりやっていたのに、どうしてバレてしまったんだろう。
ともこ
健太くん、あの公園はボール遊び禁止よ。
健太
ともこちゃんも知っていたの?
ともこ
阿漕が浦に引く網というけれど、みんな知っているわ。

「阿漕が浦に引く網」の例文

  1. 阿漕が浦に引く網というが、彼らはうまく隠していたつもりだったようだけど、学校中のみんなが知っている。
  2. 兄は上手に隠しているつもりのようだけれど、阿漕が浦に引く網というように、父も母も気づいている。
  3. 妻は知らぬ顔をしているが、夜中にこっそり何度も出かけていることは知っている。阿漕が浦に引く網というだろう。

まとめ

秘密にしたいことや、隠し事があるという人もいるのではないでしょうか。
人には知られたくないと思って、うまく隠しているつもりでも、阿漕が浦に引く網というように人に知られてしまうことのないように、気をつけなければなりませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪