【朝鳶が鳴けば隣七軒出でがならぬ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
朝鳶が鳴けば隣七軒出でがならぬ

【読み方】
あさとびがなけばとなりしちけんいでがならぬ

【意味】
朝に鳶が鳴くのは雨が降る前兆なので、近隣の住民はみな外出しないということ。

【語源・由来】
朝に鳶が鳴くのは雨が降る前兆とされることから。

【類義語】
・朝鳶に蓑を着よ、夕鳶に笠をぬげ

【スポンサーリンク】

「朝鳶が鳴けば隣七軒出でがならぬ」の使い方

健太
鳶が鳴いているよ。
ともこ
あら。朝鳶が鳴けば隣七軒出でがならぬというから雨になりそうね。
健太
そうなの?今日は晴れてほしいんだけど。
ともこ
残念ながら雨の可能性が高いわね。

「朝鳶が鳴けば隣七軒出でがならぬ」の例文

  1. 朝鳶が鳴けば隣七軒出でがならぬというから、傘は必須だ。
  2. 朝鳶が鳴けば隣七軒出でがならぬというが、天気が崩れ始めた。
  3. 朝鳶が鳴けば隣七軒出でがならぬというように、今日はこの後雨になるだろう。
  4. 朝鳶が鳴けば隣七軒出でがならぬという、雨雲レーダーを見なくても雨になることがわかるよ。
  5. 朝鳶が鳴けば隣七軒出でがならぬというように、雨が降るから自転車は屋内に入れた方が良い。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪