【明日の事を言えば鬼が笑う】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】

明日の事を言えば鬼が笑う

【読み方】

あすのことをいえばおにがわらう

【意味】

未来のことなど予測できるわけがないのだから、あれこれとやかく言ったところで仕方がないという事。
気の早い事を言っても仕方ないと言う事。

ここでいう「笑う」とは、「せせら笑う」「あざ笑う」など、馬鹿にする意味です。
「なぜ、未来の話をすると鬼が笑うのか」という事に対しては諸説あります。例えば、「鬼は人間の先の寿命が分かっているもので、近いうちに死ぬ者が未来の事を危惧している様を見て笑った」という説等があります。

【語源・由来】

予測できるわけのない明日のことを話すと、鬼でさえ、せせら笑う事から。

【類義語】
・明日の事を言えば天井で鼠が笑う
・三年先の事を言えば鬼が笑う
・来年の事を言えば鬼が笑う
・来年の事を言えば烏が笑う

【対義語】
・昔の事を言えば鬼が笑う

【英語訳】
・Fools set far trysts.
・Nobody knows the morrow.
・speak of tomorrow and the demons laugh


「明日の事を言えば鬼が笑う」の使い方

健太
明日のテストはかなり自信があるな。勉強にとても気合いを入れたからね。
ともこ
いつにも増して自信満々ね。
健太
もし90点以上取れたら、お母さんからゲームを買ってもらえるんだ。そしたら、君にも貸してあげるね。
ともこ
まだテストすらやっていないのに。明日の事を言えば鬼が笑うよ。

「明日の事を言えば鬼が笑う」の例文

  1. 老後の心配を今したところで、明日の事を言えば鬼が笑うし、なるようにしかならないよ。
  2. 明日の事を言えば鬼が笑うから、次の旅行先での天気を心配してもどうしようもない。
  3. 彼女とまだ会ってもないのに未来を妄想して喜んでいるだなんて、明日の事を言えば鬼が笑うぞ。
  4. 息子が海外留学にいくと聞いて、明日の事を言えば鬼が笑うと言うが、外国人のお嫁さんを貰う事を想像している。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事