【明日ありと思う心の仇桜】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】

明日ありと思う心の仇桜

【読み方】

あすありとおもうこころのあだざくら

【意味】

明日はどうなるかわからないという事。世の中や人生は無常だという事。

「仇桜」とは散りやすい桜の花のことで、はかないものの事を指しています。
「明日ありと思う心の徒桜」と表すこともあります。

【語源・由来】

明日も咲いているだろうと思っていた桜も、夜のうちに嵐が吹いて散ってしまうかもしれないという事から。
浄土真宗の宗祖とされる僧・親鸞の生涯をつづったもので、親鸞の曾孫である本願寺第3世の覚如が著作した『親鸞上人絵詞伝』にて。
「明日ありと思ふ心の仇桜、夜半に嵐の吹かぬものかは(明日もまだ桜は咲いていると思っているが、夜更けに嵐がきて桜の花を散らすことがないといえようか、そんなことはない)」と、親鸞が詠んだとされる和歌から。

【類義語】
・朝に紅顔ありて夕べに白骨となる
・諸行無常
・無常迅速
・世の中は三日見ぬ間の桜かな

【対義語】
・明日は明日の風が吹く
・明日のことは明日案じよ
・明日はまだ手つかず

【スポンサーリンク】

「明日ありと思う心の仇桜」の使い方

ともこ
ここのところ、ずっと天気が良くていいね。
健太
そうだね、最近栽培している花も綺麗に咲いていて、癒されるよ。
ともこ
でも、明日ありと思う心の仇桜で、いつ枯れてしまうか分からないなんて、切ないね。
健太
今のうちに、いっぱい写真を撮っておこう。

「明日ありと思う心の仇桜」の例文

  1. 彼女の華やかな芸能人生も、明日ありと思う心の仇桜と言わんばかりの波乱で幕を閉じた。
  2. 明日ありと思う心の仇桜というので、現状に満足してあぐらをかいては居られない。
  3. どうせ明日ありと思う心の仇桜というんだから、彼が有頂天でいられるのも今のうちだよ。
  4. まさに明日ありと思う心の仇桜というのか、少し油断したタイミングで、この戦の形勢は大きく変わった。
  5. 決して揺るがないと思っていた彼の地位も、明日ありと思う心の仇桜で、少し陰りが見えてきた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事