【明日の百より今日の五十】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】

明日の百より今日の五十

【読み方】

あすのひゃくよりきょうのごじゅう

【意味】

未来の大きな話に乗るよりも、わずかでも今日確実に手に入るほうを受け取るのが賢明であるという事。

【語源・由来】

明日もらえると約束した百両よりも、今すぐもらえる五十両を受け取るほうが、確実で良いという事から。
未来などどうなるか分からないため、わずかでも現実に得られるもののほうが良いと言う事から。

【類義語】
・先の雁より手前の雀
・死しての千年より生きての一日
・末始終より今の三十
・末の百両より今の五十両
・後の千金より今の百文
・後の百より今五十
・来年の百両より今年の一両
・聞いた百文より見た一文
・明日の親鳥より今日の卵
・今日の一つは明日の十に勝る

【英語訳】
・A bird in the hand is worth two in the bush.
・Better an egg today than a hen tomorrow.
・One penny is better on land than ten on the sea.


「明日の百より今日の五十」の使い方

健太
あそこのお店に、2割引になっている中古のゲームがあって、買うのを迷っているんだ。
ともこ
2割引ならお得じゃない。何を迷う事があるの?
健太
今日見て2割引だったら、来週はもっと安くなっているんじゃないかと思ってね。
ともこ
明日の百より今日の五十よ。迷っていたら、他の人に買われてしまうかもしれないわ。

「明日の百より今日の五十」の例文

  1. 明日の百より今日の五十だから、この株は利益のあるうちに売りに出した方が良いと思う。
  2. 明日の百より今日の五十とは言わずに、来週に利息を上乗せするからもう少し借金の返済を待ってくれないか。
  3. 彼は慎重なので、迷った時は必ず、明日の百より今日の五十を取るタイプである。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事