【羽振りがいい】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
羽振りがいい

【読み方】
はぶりがいい

【意味】
世間で認められる人の地位、勢力などに恵まれていること。威勢がいい。

【由来】
鳥が羽を振るさまが素晴らしいことから。

【スポンサーリンク】

「羽振りがいい」の使い方

健太
父さんの店が、テレビで紹介されてからお客さんが増えて、羽振りがいいようなんだ。
ともこ
そのテレビ番組を私も見たわ。とても褒められていて、わたしも行きたくなったもの。
健太
それなら、今度おいでよ。いつもお世話になっているから、ごちそうを作ってくれると思うよ。
ともこ
うわあ。楽しみだなあ。予約が取れないくらい人気って聞いていたからうれしいわ。

「羽振りがいい」の例文

  1. 彼女はレストランを何店舗か経営していて、羽振りがいい
  2. ともこちゃんが選んだのは、やり手で羽振りがいいといわれている男性だった。
  3. 健太くんは、最近、ずいぶん羽振りがいいそうだ。
  4. 健太くんが立ち上げた事業は、ブームに乗ったので、羽振りがいい
  5. 羽振りがいいころの父は何でも買ってくれた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事