【羽を伸ばす】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
羽を伸ばす

【読み方】
はねをのばす

【意味】
心が軽くなって、自由にのびのびとふるまう。

【スポンサーリンク】

「羽を伸ばす」の使い方

ともこ
健太くん。きいたわよ。空手のお師匠さんが、海外に指導に行っているんですって?しばらく、羽を伸ばせるんじゃない?
健太
羽を伸ばすなんて事、できないよ。さぼったら、師匠は帰国したときに、それを間違いなく見抜くと思うよ。それに、僕も、空手をやらないとなんだか落ち着かないんだ。
ともこ
それはいいことね。でも、勉強は羽を伸ばし過ぎなんじゃないかしら?
健太
ともこちゃんのおっしゃる通りです。

「羽を伸ばす」の例文

  1. 日ごろ忙しくしていらっしゃるから、あなたもたまには羽を伸ばしたいでしょう。
  2. 卒業式が終わって、肩を抱き合って泣いている女子もいれば、退屈な式が終わって羽を伸ばしている男子もいる。
  3. 出張で大阪に行き、羽を伸ばす
  4. 僕がいないと弟子たちは、羽を伸ばすので外出できない。
  5. 息子が一人立ちしてからは、羽を伸ばし、海外旅行によく行くようになった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事