【百も承知】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
百も承知

【読み方】
ひゃくもしょうち

【意味】
いわれなくてもわかっていること。

【スポンサーリンク】

「百も承知」の使い方

ともこ
健太くん、シイタケを残しているわよ。食べないとだめじゃない。
健太
シイタケにも命があって、食べないとシイタケに申し訳ないっていうのは百も承知なんだけど、食べられない。
ともこ
おいしいじゃない。シイタケだけじゃなくて、料理してくれた人、シイタケを栽培した人、いろんな人に悪いわよ。
健太
うーん。・・・おいしくいただきます。

「百も承知」の例文

  1. エベレストの山頂を目指すことの危険性は、百も承知である。
  2. タバコが体に悪いなんて百も承知だといいながら健太くんは、タバコをやめないから不思議だ。
  3. 食べ過ぎはよくないと百も承知だが、このお菓子は食べ始めると止まらないんだ。
  4. 宿題はやるべきだと、百も承知だが、やらないまま、疲れて眠ってしまうんだ。
  5. 歯磨きはしっかりするべきだと百も承知だったが、若いころさぼったおかげで、いまは総入れ歯である。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事