【十年一日】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
十年一日

【読み方】
じゅうねんいちじつ

【意味】
十年が一日と思われるほど、少しも変わらないこと。


「十年一日」の使い方

健太
あの先生は、十年一日のような授業をするからつまらないんだよ。なんとか工夫してくれないかな。
ともこ
あの授業は、私もつまらないと思うわ。でも、だからって居眠りをするのはどうかと思うわ。
健太
放課後の空手の練習に向けて、体力の回復用の時間にしているんだ。
ともこ
健太くんは、十年一日のように空手と眠るの繰り返しで、よくあきないわよね。

「十年一日」の例文

  1. 健太くんは、毎朝、ともこちゃんに宿題を忘れたことについて怒られ、十年一日のごとく進歩がない。
  2. 十年一日のごとく、平凡な日々だが、大きな不幸がない分、幸せかもしれない。
  3. 十年一日のごとく、会社と家を往復する人生だ。
  4. 十年一日のような内容では、視聴者が離れるのも当たり前だ。
  5. 学食は十年一日のようなメニューだが、ここの冷やし中華はおいしくて毎日食べてもあきない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事