【戌亥の夕立と伯母御の牡丹餅は来ぬためし無し】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
戌亥の夕立と伯母御の牡丹餅は来ぬためし無し

【読み方】
いぬいのゆうだちとおばごのぼたもちはこぬためしなし

【意味】
北西で降り始めた雨は、夕立となってやってくるのと、叔母が姪や甥を可愛がるのは当たり前のことだ。

【語源・由来】
「戌亥」は北西のこと。日本の天気は西から変化することから。

【類義語】
・伯母の牡丹餅と乾夕立来ぬことはない

【スポンサーリンク】

「戌亥の夕立と伯母御の牡丹餅は来ぬためし無し」の使い方

健太
おばさんは、とても僕たちをかわいがってくれるんだ。
ともこ
戌亥の夕立と伯母御の牡丹餅は来ぬためし無しってこの世の常識のように言われているからね。
健太
僕たちが万人受けするかわいさだからじゃないんだね。
ともこ
どれだけナルシストなのよ。

「戌亥の夕立と伯母御の牡丹餅は来ぬためし無し」の例文

  1. 戌亥の夕立と伯母御の牡丹餅は来ぬためし無しという、夕方には一雨降るだろう。
  2. 戌亥の夕立と伯母御の牡丹餅は来ぬためし無しというから。北西の雨雲は、しばらくしたらこっちに向かってくるだろう。
  3. 戌亥の夕立と伯母御の牡丹餅は来ぬためし無しといわれるから、当然雨が降るだろう。
  4. 戌亥の夕立と伯母御の牡丹餅は来ぬためし無しという、傘を持っていってね。
  5. 戌亥の夕立と伯母御の牡丹餅は来ぬためし無しというが、その通りになった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪