【朝焼けはその日の洪水】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
朝焼けはその日の洪水

【読み方】
あさやけはそのひのこうずい

【意味】
朝焼けが起こると大雨の前兆ということ。

【語源・由来】
日本の天気は西から東に変化し、大抵の場合は、高気圧、低気圧と交互にやって来ることから。

【類義語】
・朝虹はその日の洪水

【スポンサーリンク】

「朝焼けはその日の洪水」の使い方

健太
今日はすごい朝焼けだよ。夕陽みたいにきれいだ。
ともこ
朝焼けはその日の洪水っていうから、この後は大雨ね。
健太
傘を持っていくのは面倒だな。
ともこ
傘を持っていくのが楽しくなるような傘を買えばいいんじゃないかしら。

「朝焼けはその日の洪水」の例文

  1. 朝焼けはその日の洪水という、河川の増水に警戒しよう。
  2. 朝焼けはその日の洪水といわれるから、今のうちに避難しておこうかな。
  3. 朝焼けはその日の洪水という言葉を信じて、レインコートと長靴で出勤した。
  4. 朝焼けはその日の洪水というから今日は船を出すのはやめよう。
  5. 朝焼けはその日の洪水というが、こんなに晴れているのに天気が崩れるんだろうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪