石の上にも三年の本当の意味と続きとは?逆に現代では古い?

「石の上にも三年」、よく耳にすることわざじゃないですか?

入社した会社が合わなくて辞めたいと思っているとき、

ともこ
石の上にも三年というでしょう?もう少し辛抱してがんばってみましょうよ。
といわれたり、

健太
あきらめないで投稿し続けたおかげで、ともこちゃんは小説家になることができたんだよね。石の上にも三年だね。
という風に使います。

ここからは、石の上にも三年の意味や語源を見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

「石の上にも三年」の意味

「石の上にも三年」の意味は、広辞苑によると、石の上でも三年続けてすわれば、暖まるとの意味から、辛抱すれば必ず成功するという意味になりました。

我慢、忍耐、根性があれば、いずれは成功することができるという意味ですね。

ここで注意したいのは、「三年」はthree yearsの意味の三年ではなく、長い期間というのが本当の意味であることです。

ともこ
石の上にも三年、三年は我慢しましょう。
というのは、間違った使い方です。

こういう間違いをすると、仕事ができない人だと思われるので気を付けましょう。

「石の上にも三年」の語源

石の上にも三年には、これが語源だという定説がなく、いくつかの由来があります。

その中の一つをご紹介します。

お正月に買う方もいるかもしれません。選挙の時に見るかもしれません。あの「ダルマ」のもとになった有名な達磨大使の逸話です。

達磨大使は、中国禅宗の開祖と言われている、インド人仏教僧です。
達磨大使が悟りを得るとき、壁に向かって九年間座禅を続けたという、すごい逸話がもとになっているんです。

達磨大師が、九年間座っている間に、手や足が腐り、あの「ダルマ」の姿になったといわれています。

九年も座り続けるなんてすごいですよね。一日で会社を辞めてしまう堪え性がない現代人を達磨大師が見たら、さぞお嘆きになることでしょうね。

「石の上にも三年」の続き

「石の上にも三年」には続きがあります。「居れば暖まる」という言葉です。

長い年月、くじけずに辛抱することで、冷たかった石が暖まるように、長い年月絶耐えて努力をすることができれば、努力は必ず実るという意味になります。

【スポンサーリンク】

「石の上にも三年」と似ている言葉

「石の上にも三年」はあきらめず頑張り続ける人を表現した言葉でしたが、似ているけれども異なる言葉があります。

「転がる石には苔が生えぬ」という言葉です。

意味は、
①活発な行動をしている人が、常に健康で生き生きしていること。
②転職や転居を繰り返す人は、地位を得られず金がたまらないということ。
です。

①だと、活動的に動き回っている人は、自分の能力をさび付かせないという意味になります。
②だと、一つの仕事を苔むすまで続けることができず、つまり、技術も人の縁も何も得ることなく、職を転々とする人を表現したものです。

同じ言葉なのに、まったく違う意味ですよね。

①だと「石の上にも三年」の反対語になります。②だと、だから、とにかくあきらめず頑張れ!!という点では同じです。

「石の上にも三年」は現代では古い?

昔は、師匠や先輩の仕事を見て覚え、石の上にも三年というように、仕事を覚えるだけでも三年かかり、そういうものだと思われていました。

しかし、IT化が進んだ今、石の上にも三年は古くなりつつあります。
もっと速いスピードで仕事を覚え、結果を出すことを求められます。

確かに、長く同じ仕事を繰り返せば、どんなにへたな人でもうまくなると思います。
そういう意味では石の上にも三年は正しい言葉で、挫けそうなときに励みになります。

でも、時代の流れのスピードは衰えることを知りません。

三年以内で離職する新入社員は、毎年三割を超えます。

自分に合わないと思ったら飛び出す勇気、次のステップに飛び乗る勇気を昔は否定的にみられましたが、時代は変わってきているようです。「石の上にも三年」は逆に、チャンスを潰す行為になりつつあります。

【スポンサーリンク】

まとめ

昔の人は。「石の上にも三年」が、仕事で通じない時代が来るとは想像もしなかったでしょう。
もちろん、仕事以外でこつこつがんばるという意味では、「石の上にも三年」の意味は健在です。

長く続けることで、ネイティブのような英会話をすることができます。
長く続けることで、松尾芭蕉には到底かなわないけれども、俳句が上手になることもあります。
長く続けることで、夢だった歌手にはなれなかったけれども、歌唱コンクールで賞を撮ることができた。

なんてことがたくさんあると思います。

仕事で通じなくても、「石の上にも三年」は、今でも多くの人を励まし続けています。

そもそも、仕事でも趣味でも、「石の上にも三年」と思うことができる何かに出会えることは幸せなことですよね。
みなさんも「石の上にも三年」と強く自分を鼓舞することができるような、いずれ上達することを信じて続けることができるような何かを見つけ、楽しみながら、長くチャレンジし続けてみてください。

いつか結果と成果が付いてきますように、お祈り申し上げます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事