【板子一枚下は地獄】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
板子一枚下は地獄

【読み方】
いたごいちまいしたはじごく

【意味】
船乗りという仕事はとても危険だということ。

【語源・由来】
「板子」は、和船(わせん)の下に敷く板。その下は船底で、さらにその下は、落ちたら助からない深い海であるということから。

【類義語】
・板三寸下は地獄(いたさんずんしたはじごく)
・一寸の地獄(いっすんのじこく)


「板子一枚下は地獄」の使い方

ともこ
健太君は窓拭きをしてください。
健太
えー。なぜ僕なの。
ともこ
板子一枚下は地獄、女子には無理でしょ。
健太
よくわからないけど、地獄は見たくないよ。

「板子一枚下は地獄」の例文

  1. 今日の作業は大変危険です。板子一枚下は地獄と思って緊張して作業をすすめてください。
  2. 外国企業との合併(がっぺい)は板子一枚下は地獄みたいなもの、もう少し時間をかけて検討すべきです。
  3. 板子一枚下は地獄の毎日だったが、この仕事を四十年続けてきたことが誇りです。
  4. あまりいい選択ではないが、どちらくにしても板子一枚下は地獄に変わりはない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事