【鰯の頭も信心から】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
鰯の頭も信心から

【読み方】
いわしのあたまもしんじんから

【意味】
例えイワシの頭のような価値もなくつまらないものでも、一度信仰の対象となってしまえば、ありがたいものに思えるという意味です。
何かを頑固に信じている人をからかう時にも使います。

【語源・由来】
江戸時代の節分は、豆まきをする他に、ヒイラギの小枝に焼いたイワシの頭をさして、門口に飾っておきました。
魔除け・鬼除けのための習慣でしたが、それが由来となっています。
「上方いろはかるた」の中の「ゐ」です。
「ゐ」は「い」と読みます。

「頭」は「かしら」とも読みます。
「信心から」は、神様や仏様を信じる事です。

【類義語】
・鰯の頭にも理屈がつく
・鰯の頭も信仰から
・白紙も信心から
・白紙も信心次第
・竹箒も五百羅漢
・鼻糞も尊みがら

【英語訳】
・Anything viewed through the eyes of faith seems perfect.
・The head of a sardine can be great if you believe it.
・Believe well and have well.
・Faith will move the mountain.
・Miracles happen to those who belive in them.


「鰯の頭も信心から」の使い方

ともこ
いとこのお兄ちゃんがどう見てもガラクタにしか見えないおもちゃを大事にしているのよね。
健太
価値があるの?
ともこ
それが全然価値なんてないんだけど、いとこのお兄ちゃん曰く、そう遠くない将来必ず価値が出るって信じてるのよ。
健太
あー、鰯の頭も信心からって言うしね。

「鰯の頭も信心から」の例文

  1. うちのサッカー部の部長はげんを担ぐのが好きで、シューズを履くときは右足から、PKの前には腰に手を当てるとか、なんだか良く分からないことをたくさんしている。でも鰯の頭も信心からと言うし、それで部長がゴールを決めることが多いのでみんな黙っている。
  2.  鰯の頭も信心からというが、合格祈願をするからと神社にお参りばかりしていて全然勉強しないのでは、受かるものも受からないと思う。
  3.  信じる心が大事というが、鰯の頭も信心からで、あまり意地になっていると大切なものが見えなくなってしまう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事