【一生添うとは男の習い】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
一生添うとは男の習い

【読み方】
いっしょうそうとはおとこのならい

【意味】
結婚して一生君と添い遂げるというのは、男性が女性を口説く時の決まり文句であるということ。

【スポンサーリンク】

「一生添うとは男の習い」の使い方

健太
ともこちゃんは彼氏をつくらないの?
ともこ
お姉ちゃんが男はうそつきだって言っていたから作らないの。一生一緒にいようねって言ったのに、守った人はいないって怒っていたわ。
健太
一生添うとは男の習いって言うからね。
ともこ
きっと男性は誰にでもいうのよね。君は運命の相手だーとか。信じられないわ。

「一生添うとは男の習い」の例文

  1. 一生添うとは男の習いっていうでしょう、そんな言葉あてにしてたら婚期を逃すわよ。
  2. 恋は盲目というけれど、一生添うとは男の習い、一生添うなんて言葉を口にする相手はやめておきなさい。
  3. 一生おまえだけを愛すなんて、一生添うとは男の習いというように、悪い男の常套句よ。
  4. 一生添うとは男の習いというけれども、そんな歌詞が出てくる曲の多いことよ。
  5. よく一生添うとは男の習いという言葉を聞くけれども、結婚の一言に弱い女性もだめなんじゃないかな。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事