【藪から棒】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
藪から棒

【読み方】
やぶからぼう

【意味】
予期せぬことが唐突(とうとつ)に起こることのたとえ。
思いがけないできごとが突然起こってびっくりすることのたとえ
出し抜けに物事を行うことのたとえ。

【語源由来】
やぶの中から急に棒を突き出すように、いきなりおこることのたとえ。

【類義語】
青天の霹靂(せいてんのへきれき)
寝耳に水(ねみみにみず)
足下から鳥が立つ(あしもとからとりがたつ)

「青天」は青い空、「霹靂」は雷鳴、雷が激しく鳴るようすを指します。陸游(りくゆう)「四日夜雞未鳴起作(よっかのよる にわとりいまだなかざるに おきてつくる)」が出典です。その文中に「正に久蟄(きゅうちつ)の竜(りゅう)の如(ごと)く、青天(せいてん)に霹靂(へきれき)を飛とばす。」とあります。

【英語訳】
A bolt from the bule.


「藪から棒」の使い方

健太
急で申し訳ないけど。お願い。今日当番変わってくれない。
ともこ
藪から棒に何よ。急に言われても。私だって用事があるのよ、困るわ。
健太
そっか。だめだと思うけど、他の人に頼むか。
ともこ
でも、いいわ。他の人ならともかく、健太君のたのみだもの、やってあげる。

「藪から棒」の例文

  1. そんな大事なことを藪から棒に言われてもどうしようもないじゃないですか。少し考えさせて下さい。
  2. 藪から棒だな。驚いたけどそれもいいアイデアかもしれいない、試して見るか。
  3. 取引先から突然断りの連絡が入り、何の説明もなく藪から棒ではありましたが、こちらは弱い立場であり受け入れざるを得ない状況でした。
  4. そうゆうことはもう少し早めに教えてもらいたかった。藪から棒では交代を準備する時間もありません。

まとめ

藪から突然棒が出てくると驚くでしょう。江戸中期の浄瑠璃(じょうるり)「鑓の権三重帷子(やりのごんざかさねかたびら」に「藪から棒と申さうか 寝耳に水と申さうか」という一文があります。驚く様子を表現するのにピッタリだったのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事