【騎虎の勢い】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
騎虎の勢い

【読み方】
きこのいきおい

【意味】
虎の背に乗って走る者が、途中でおりられないように、勢いやはずみがついてしまって、途中でやめられなくなることのたとえ。

【語源・由来】
「随書(ずいしょ)」独孤(どっこ)皇后
北周の宣帝が没したときに、隋の高祖に対して皇后が、
「大事已(すで)に然(しか)り。騎獣(騎虎のこと)の勢い、必ず下(お)ることを得ず。之を勉めよ。」
いよいよ大事の時です。虎に乗って勢いよく走り出したら、もう下りることはできません。努力してください。
と、進言したという故事に基づく。

【類義語】
・乗りかかった船(のりかかったふね)

【対義語】

【英語訳】
He that is out at sea, must either sail or sink.
A person that is out at sea must either sail or sink.

「騎虎(きこ)」とは、虎の背に乗ること。
疾走している虎の背にまたがってしまったら、振り落とされないようにしがみつくしかない。
もしも背から降りられたとしても、虎に食い殺されてしまうということ。
【スポンサーリンク】

「騎虎の勢い」の使い方

健太
ぼくがキャプテンだなんて、そんなの無理だよ。
ともこ
そうは言っても、もう決まってしまったのだから、やるしかないわ。
健太
こうなったら、騎虎の勢いでなんとかやり遂げよう。
ともこ
がんばってね。応援しているわ。

「騎虎の勢い」の例文

  1. 友人は騎虎の勢いで、会社を設立することになったらしい。
  2. こうなったら騎虎の勢いで、なんとかやり遂げよう。
  3. 新しい企画に参加する予定ではなかったけれど、ここまできたのなら騎虎の勢いで最後まで付き合うよ。
勢いに乗るという意味で使うのは誤りなので注意が必要。
「新しい店舗の売り上げがどんどん伸びている。これは騎虎の勢いだな。」と使うのは誤り。

まとめ

騎虎の勢いというように、勢いのついてしまったことからは、なかなかやめることができないのではないでしょうか。
腹を括って、やり遂げる努力をしたいものですね。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事